治療のこと

外科療法(脳深部刺激療法)とは?

脳深部刺激療法(DBS)は、パーキンソン病が進行し、飲み薬だけでは症状を改善するのが難しかったり、ウェアリングオフやジスキネジアといった運動症状が重くなったりしたときに、検討される外科療法です。

DBSは、脳の深いところに細い電線を手術で挿入し、さらにその電線に弱い電気信号(パルス)を送るパルス発生器を胸の前部に埋め込むというもので、パルスによって脳を刺激して症状の改善を図ります。DBSは、病気の原因を根本的に治す根治療法ではなく、症状を改善する対症療法です。また、全ての患者さんに向いているわけではないので、主治医とよく相談する必要があります。DBSでは、装置やコードが体内に埋め込まれるので、外見の変化はありませんが、手術後は定期的にパルス発生器の調整やバッテリーの交換が必要になります。

DBSは特殊な技術を要するため、限られた病院でのみ実施されています。手術は服薬と比べてリスクを伴いますので、この点についても現在の病状や予想される結果を主治医と十分相談してから受けることが大切です。

参考資料: 高橋良輔. 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ. NHK出版, 東京, pp 57-60, 2016.
村田美穂(監修): スーパー図解パーキンソン病. 法研, 東京, pp 116-117, 2014.