日常生活の工夫

パーキンソン病は、症状の進行にともない体を動かしにくくなりますが、だからといって体を動かさないことは、運動機能の低下を加速させます。安全で動きやすい環境を整え、生活の中でできるだけ動くことを心がけましょう。また、着替え食事入浴、トイレなどの場面で、ちょっとした工夫をすることでよりよい日常生活を過ごすことができます。