病気のこと

困った症状が起こる原因

運動合併症のあらわれる原因は、病気が進むに連れて、運動合併症がなく、しかも効果を表すことのできる血液中のお薬の濃度の幅が狭くなってくるためだと言われています。このことを防ぐには、お薬を飲むタイミングや量の微妙な調整が必要になりますが、パーキンソン病の患者さんは胃や腸の動きが悪くなり1)、小腸からのお薬の吸収が不安定になるため、飲み薬では血液中のお薬の濃度を安定させることが難しくなり、ウェアリングオフやジスキネジアなどの運動合併症がみられるようになります。 1) Varanese S et al.: Parkinsons Dis, 2010: 480260 (2011)

飲み薬でL-ドパを補充して長くたつと
ウェアリングオフ現象や
ジスキネジアが出て来る理由

Olanow CW. et al.: Nat Clin Pract Neurol. 2.7: 382-392(2006)より作成

病気の進行に伴う胃の動き

Varanese S et al.: Parkinsons Dis, 2010: 480260 (2011) より作成