病気のこと

パーキンソン病は
なぜ起こるの?

パーキンソン病は、中脳の黒質にあるドパミン神経細胞がこわれて、作られるドパミンが減ることによって発症します。私たちの体は、大脳皮質というところからの指令が筋肉に伝わることによって動いています。この大脳皮質の指令を調節し、体の動きをスムーズにしているのがドパミンです。

ドパミンが減ると、体が動きにくくなったり、ふるえが起こりやすくなったりします。ドパミン神経細胞は、年齢とともに自然に減っていきますが、パーキンソン病の患者さんの場合は、健康な人に比べてより速いスピードで減っていきます1)

なぜドパミン神経細胞が急激に減っていくのか、理由はわかっていません。ドパミン神経細胞の中にαシヌクレインというタンパク質が関連していると考えられています2)。食事や職業、住んでいる地域など、原因となる特別な理由はありません。また、稀に家族性に発症し、その遺伝子が特定される場合もありますが、患者さんのほとんどは孤発性であり、遺伝性を示しません。

高齢になるほどパーキンソン病を発症する割合が増えますが、40歳代以下で発症することもあり若年性パーキンソン病と呼んでいます。なお、患者さんの数は10万人に100人〜150人くらいですが、60歳以上では10万人に約1,000人と多くなっています3)

1) Fearnley JM, Lees AJ :Brain 114(Pt 5) : 2283-2301, 1991
2) Braak H, et al : J Neural Transm 110 : 517-536, 2003
3) 厚生労働省 平成26年度患者調査